天気予報

22

13

みん経トピックス

パンサーズがファイナル進出

枚方・パナソニックパンサーズが4年ぶり6回目のリーグ制覇 天皇杯に続き2冠達成

枚方・パナソニックパンサーズが4年ぶり6回目のリーグ制覇 天皇杯に続き2冠達成

パナソニックパンサーズが4年ぶり6回目のVリーグ優勝

写真を拡大 地図を拡大

 V・プレミアリーグ ファイナルが3月18日、東京体育館で行われ、枚方のパナソニックパンサーズ(以下、パンサーズ)は豊田合成トレフェルサ(以下、豊田合成)と対戦した。

優勝を喜ぶ選手たち(関連画像)

 3月10日に行われたファイナル第1戦をセットカウント3-0で勝利し、優勝に王手を懸けてけて臨んだ第2戦。第1セットは19-25で豊田合成が先取。第2セットはパンサーズが25-16で奪うも、豊田合成に第3セットを24-26で奪われ、再びリードを許す。迎えた第4セットはパンサーズが26-24で奪い返し、セットカウント2-2。試合の行方をフルセットへ持ち込んだ。

 第5セット、序盤からパンサーズがリードするも、豊田合成が粘り、終盤追いつかれるも、最後は福澤達哉選手のスパイクが決まり、15-13。セットカウント3-2の大接戦を制し、4年ぶり6回目のリーグ優勝を果たした。

 キャプテンの深津英臣選手は枚方市民に向けて「日頃からのみなさんの応援が、われわれにパワーをくれるので感謝している。優勝というかたちで少しは恩返しできたかなと思う。また、パンサーズを知らない方にも興味を持っていただけるとうれしく思う」と話し、「枚方PR大使として、もっと勝ってみなさんと一緒に盛り上げていけるように頑張りたい」と抱負を語った。

 川村慎二監督はリーグ優勝について「選手一人一人が役割を全うし、最後まで戦い抜き、4年振りのリーグ制覇を成し遂げられた。苦しい場面でのファン皆さんのご声援がチームにとって大きな一押しになった」と話し、「天皇杯とリーグでの2冠になったが、更なる高みを目指し、黒鷲旗でも全力で戦い、3冠を掴み取りたい」と次の戦いに照準を合わせた。

 パンサーズは4月30日から大阪市中央体育館で行われる今シーズン最後のタイトル「第67回黒鷲旗全日本男女選抜バレーボール大会」で3度目の3冠を目指す。

グローバルフォトニュース

最新ニュース

フォトフラッシュ

V・プレミアリーグ ファイナルが3月18日、東京体育館で行われ、枚方のパナソニックパンサーズ(以下、パンサーズ)は豊田合成トレフェルサ(以下、豊田合成)と対戦した。
[拡大写真] [関連記事]

アクセスランキング