天気予報

8

3

みん経トピックス

くずはモールで九州フェア枚方パンサーズPRイベント

枚方の市政施行70周年記念冊子が好評 枚方出身V6岡田准一さんも登場

枚方の市政施行70周年記念冊子が好評 枚方出身V6岡田准一さんも登場

枚方市広報課の角田彩子さん(左)と岡村香寿美さん(右)

写真を拡大 地図を拡大

 枚方市が市制施行70周年を記念し、同市内で撮影された家族写真で同市の歩みを振り返る写真集「70 年!枚方家族」が好評を得ている。

「70 年!枚方家族」(関連画像)

 同冊子は56人から提供があった公募写真の中から119枚を選び、「思いで詰まった学校」「遊園地のあるまち」「団地のある風景」など10のカテゴリーに分け、応募者の思い出エピソードとともに紹介。枚方ゆかりの著名人からの貴重な写真とメッセージも寄せられ、巻頭ページにはV6の岡田准一さんも登場する。同市広報課の岡村香寿美さんは「街並みや風景だけでなく、公募で集まった家族写真など『人が主役』の写真を中心に構成しているのが特徴」と話す。

 発行部数は1万2000部。現在約3700部が配布されており、配布をスタートした11月8日から2日間で200件以上問い合わせが全国からあったという。岡村さんは「その多くが岡田さんのファン。SNS上で情報が拡散したのでしょうか。ものすごい人気ぶりにあらためて驚かされた」とも。

 冊子の見どころついて、岡村さんは「岡田さんだけでなく、枚方市PR大使の川崎麻世さんからは『家族一緒に意賀美神社でのお宮参り』、ニュースキャスターの辛坊治郎さんからは『淀川河川公園で遊ぶ家族の写真』など、今やさまざまな分野で活躍する皆さんの貴重なショットは見応えがあり、国民的俳優で枚方市名誉市民の故・森繁久彌さんの写真も収められている」と紹介。

 「これら著名人の皆さんの写真が一般公募の皆さんの写真とともに掲載されており、枚方市の歩みをグッと身近に感じていただけるのでは」と話し、「30ページ上部の写真は掲載している中で一番古いもの。終戦から2年ちょっとしかたっていない1948(昭和23)年のお正月の食事風景。この頃は現在のように気軽に写真を撮れる時代ではなかったでしょうし、ましてや日常生活の様子を撮るなんてなかなか考えられなかったのでは。そういう意味でも大変貴重な記録」と市の歴史を振り返る。

 「写っている板戸に禁野火薬庫の弾丸の跡があったというコメントは、枚方を語る上で欠かすことのできない歴史の一ページに触れることができる貴重なエピソード」とも。

 冊子は同市役所別館3階広報課、同本館・別館受付、各支所、枚方市駅市民室サービスセンターで配布するほか、同市ホームページでも公開。市外在住の希望者には無料で郵送。1人1冊まで。同市ホームページに応募フォームを設置。

グローバルフォトニュース

最新ニュース

フォトフラッシュ

ひらかたパーク(枚方市枚方公園町)イベントホールI・IIで12月17日、「ウルトラマンフェスティバル」の先行体験会が行われた。© 円谷プロ
[拡大写真] [関連記事]

アクセスランキング