天気予報

18

10

みん経トピックス

枚方で写真集刊行イベントひらかたパークで園長を探せ

枚方・パンサーズジュニアがVリーグジュニア選手権大会優勝 全国大会に弾み

枚方・パンサーズジュニアがVリーグジュニア選手権大会優勝 全国大会に弾み

バレーボールチーム「パナソニックパンサーズ」のジュニアチーム「パンサーズジュニア」

写真を拡大 地図を拡大

 枚方を本拠地として活動するV・プレミアリーグ所属のバレーボールチーム「パナソニックパンサーズ」のジュニアチーム「パンサーズジュニア」が8月26日・27日に岐阜メモリアルセンター(岐阜市)で開催された「2017Vリーグジュニア選手権大会」で優勝した。

中学生36人、小学生29人の部員が週2回、パナソニックアリーナで練習

 一般社団法人日本バレーボールリーグ機構が主催する同大会。2015年から創設するVリーグ加盟の育成型チーム(いわゆるアカデミー)の中学生によるトーナメント大会で、パンサーズジュニアは2015年の第1回大会に続き、2年ぶり2回目の優勝となった。

 キャプテンの中村流星(りゅうせい)さんは「身長が高い選手がいないが、レシーブやコンビバレーで相手のブロックをかわすなど攻撃力は高い」とチームの特徴を話し、副キャプテンの松本颯(はやと)さんは「試合の入りが良く、レシーブなどのつなぎをしっかりすることで、相手よりも優位に立てたと思う」と大会を振り返った。

 チームは9月23日・24日に大阪府立体育会館(大阪市浪速区)で行われる「第20回全国ヤングバレーボールクラブ男女優勝大会」が控えており、中村キャプテンは「今期はチームで過去最高の成績を残してきた。勝てる力はあると思う。絶対勝ちたい」と話し、松本副キャプテンは「3年生にとっては最後の集大成となる大会。今まで練習してきたことをしっかり出せるように頑張っていきたい」と話す。

 米山博之監督は「バレーボールは『ボールをコートに落とすと負けるスポーツ』。自分たちのコートにボールを落とさないことを徹底して日々練習している」と話し、「普段の練習で徹底してきたことがVリーグジュニアでの優勝に結び付いた」とも。

 全国大会に向けては、「最大の目標は優勝。去年は同大会で予選敗退し、悔しい思いをした。初戦は愛知県の強豪チームと戦うが、相手も中学生。前評判で強いと言ってもやってみないと分からない」と話し、「とにかく相手がどこであっても今まで練習でやってきたことを出せばおのずと良い結果が出せるはず。子どもたちに対して万全の状態、最高のパフォーマンスを2日間出せるようにしたい」と意気込む。

グローバルフォトニュース

最新ニュース

フォトフラッシュ

V・プレミアリーグ ファイナルが3月18日、東京体育館で行われ、枚方のパナソニックパンサーズ(以下、パンサーズ)は豊田合成トレフェルサ(以下、豊田合成)と対戦した。
[拡大写真] [関連記事]

アクセスランキング