天気予報

35

24

みん経トピックス

黒鷲開幕戦でパンサーズ勝利枚方で花しょうぶ園が開園

枚方・パナソニックパンサーズ、黒鷲旗グループリーグ3連勝で決勝T進出

枚方・パナソニックパンサーズ、黒鷲旗グループリーグ3連勝で決勝T進出

パナソニックパンサーズはサントリーサンバーズと第3戦を戦った

写真を拡大 地図を拡大

 大阪市中央体育館メインアリーナで5月4日、第66回黒鷲旗全日本男女選抜バレーボール大会予選リーグD組第3戦が行われ、パナソニックパンサーズ(以下、パンサーズ)はサントリーサンバーズ(以下、サントリー)と対戦した。

第4セットは若手にメンバーを入れ替え臨んだ(関連画像)

 第2戦の駿台学園高戦を3-0で勝利し、2連勝で迎えた対戦相手は同じく2連勝中のサントリー。

 第1セット、序盤から中盤にかけて点を取り合う展開に。終盤、渡辺奏吾選手、関田誠大選手の2枚替えで流れをつかみ26-24で第1セットを奪う。第2セット、中盤から得点を重ね、20-11と大きくリードを広げる。サントリーも連続エースを決めるなど粘りを見せるが、このセットも25-20で連取する。

 第3セット、サントリーにサーブで崩されリードを許すも終盤粘りを見せ、24-24と同点に追いつきセットポイントまで持ち込むも、26-28でこのセットを落とす。セットカウント2-1で迎えた第4セット、久原翼選手、伊賀亮平選手、兒玉康成選手などの若手メンバーに入れ替えて臨んだパンサーズ。8-5とリードしてテクニカルタイムアウトを迎えると、その後は終始リードを保ち25-20に。セットカウント3-1でサントリーに勝利した。

 試合終了後、関田選手は「勝利したのは良かったが、内容もいまいち。3-0で勝てた試合。試合に出場するだけでは満足できない。試合に出て何をするのかが僕の役割。チームを盛り上げることはできたと思うが、プレーの質ではまだまた」と試合を振り返り、「負けたら終わりの決勝トーナメント。『このチームで絶対優勝したい』という皆の思いがある。優勝に向かって頑張りたい」と意気込みを見せた。

 D組首位で決勝トーナメント進出するパンサーズは5月5日、C組2位のジェイテクトSTINGSと対戦する。

グローバルフォトニュース

最新ニュース

フォトフラッシュ

岡東中央公園(枚方市岡東町)で9月15日から、「枚方オクトーバーフェスト2017」が開催される。
[拡大写真] [関連記事]

アクセスランキング