天気予報

27

21

みん経トピックス

枚方でスイーツフェア枚方のギャラリーで陶展

枚方のギャラリーで漆造形展 アーティストトークも

枚方のギャラリーで漆造形展 アーティストトークも

栗本さんの作品「ひょうたんパワー『阿(あ)』」と「ひょうたんパワー『吽(うん)』」

写真を拡大 地図を拡大

 枚方・堤町のギャラリー「Note Gallery(ノートギャラリー)」(枚方市堤町、TEL 072-396-0708)で現在、漆造形展「装飾する魂III」が開催されている。

「装飾する魂Ⅲ」のフライヤー(関連画像)

 京都市立芸術大学工芸科漆工研究室教授で漆(うるし)造形作家の栗本夏樹さんが、「命の再生」をテーマに梱包材や車のボンネットなどを使って、伝統工芸と違うアプローチから制作に取り組んだ作品を紹介する同展。

 会場では、作品は漆を使ったペンダントやブローチなどのアクセサリーから、皿などの食器、オブジェなど44点を展示販売する。

 同ギャラリー店主の上田真由美さんは「現代アートはスタイリッシュで突き放された作品が多いが、熱量や温かみを感じることができるのが栗本さんの作品の魅力」と話す。

 40代男性来場者の一人は「作品の色使いがとてもカラフル。食器など日常で使える作品もあるが、ギャラリーの空間全体が非日常的」と話す。

 4月15日は栗本さんによるアーティストトーク(14時~15時、入場無料)を開催する。トーク終了後にはワイン&ティーパーティーを行う予定。

 開催時間は12時~17時。月曜・金曜休廊。今月30日まで。

グローバルフォトニュース

最新ニュース

フォトフラッシュ

大阪市立大学理学部付属植物園(交野市私市、TEL 072-891-2059)で7月22日、小学校3年生~6年生の児童を対象とした「森のサマースクール~みどりいっぱいの植物園で夏休みの一日を楽しく過ごそう!~」が開催される。
[拡大写真] [関連記事]

アクセスランキング