天気予報

18

10

みん経トピックス

枚方のカフェが特別賞受賞枚方T-SITEで福袋

枚方公園駅近くの立ち飲みギョーザ店が1周年 「パンチの効いた」もちもち厚皮売りに

  • 0
枚方公園駅近くの立ち飲みギョーザ店が1周年 「パンチの効いた」もちもち厚皮売りに

「女王のこだわり餃子」

写真を拡大 地図を拡大

 京阪枚方公園駅近くの立ち飲みギョーザ店「餃子の女王」(枚方市伊加賀東町)が11月25日、オープンから1周年を迎えた。

(関連フォト)「王子のうす皮餃子」

 同店の開業について、オーナーの芝田かおりさんは「飲みの席でのたわいない会話がきっかけ」と話す。美容室と飲食店を経営する芝田さんは、経営者が集まる飲み会で現店舗が空くことを知ったという。「4坪のお店で何をしたらいいか? という話になり、『専門店ならギョーザやろ』『ギョーザの女王や』と仲間が叫んだ瞬間、脳みそにバチバチっときた。『めちゃめちゃ面白い、やりたい』と思い、そこからコンセプトを詰めていった」と振り返る。

 手作りのギョーザは、国産の野菜と豚を使う。開店当初から提供する「女王のこだわり餃子」は、麺店で特注の厚皮。芝田さんは「癖はあるが『また食べたい』と思ってもらえるよう、ニンニクとニラでパンチが効いた仕上がりになっている。皮が厚い分、もちもちとした歯応えになる」と話す。タレは、具沢山の手作りラー油と合わせみそとの組み合わせが一番人気という。「米酢とこしょうの組み合わせも好評」とも。

 提供する生ビールには好評の声が多く、「ギョーザとビールはド定番の組み合わせ。常においしい生ビールが提供できるよう、サーバーの洗浄は毎日欠かさない。当たり前のことだが、『小さなことにきちんとこだわろう』という思いで提供している」と話す。

 メニューは、「女王のこだわり餃子」(390円)、「王子のうす皮餃子」「姫のひとくち水餃子」(290円)のほか、月替わりのギョーザを提供。ギョーザはテークアウトも可。ドリンクは、生ビール(390円)、チューハイ(290円)、ほかアルコール(290円)、ソフトドリンク(290円)などを用意する。

 芝田さんは「自分のスタンスは、『面白くて人が喜んでくれるものを提供したい』というもの。『餃子の女王』の話が出たときも、お客さんが喜んでくれそうな店になると思った。イベントに出店する機会も増えてきたが、『女王さんが来ているなら行こうかな』と集客につながるようなネームバリューになれたら、さらに貢献できるのかなと思う。みんなでやっていることが、何かにつながっていければ」と笑顔を見せる。

 営業時間は17時~翌1時。

グローバルフォトニュース

最新ニュース

フォトフラッシュ

V・プレミアリーグ ファイナルが3月18日、東京体育館で行われ、枚方のパナソニックパンサーズ(以下、パンサーズ)は豊田合成トレフェルサ(以下、豊田合成)と対戦した。
[拡大写真] [関連記事]

アクセスランキング