天気予報

32

19

みん経トピックス

交野のブドウ農家がシロップ枚方まつりにVリーグ選手

枚方のカフェ・雑貨・ギャラリー「フラッグ」が3周年 若手アーティストを支援

  • 0
枚方のカフェ・雑貨・ギャラリー「フラッグ」が3周年 若手アーティストを支援

カフェ・雑貨・ギャラリー「FLAG (フラッグ)」オーナーの辻内さん

写真を拡大 地図を拡大

 枚方のカフェ・雑貨・ギャラリー店「FLAG (フラッグ)」(枚方市香里ヶ丘4、TEL 072-845-4566)が7月27日、3周年を迎えた。

カフェスペースで8月9日より提供している「夏の期間限定かき氷『ひまわりのかき氷』」

 オーナーの辻内志乃さんは枚方市池之宮出身。京都の美術大学を卒業後、デザイン会社の営業事務で働いていた時に、「やはり自分の好きなことを仕事にしたい」と思い、ネットショップ管理会社、雑貨店、カフェ店での修業を経て同店を開いた。

 周辺住民の「物置」で空き家だった古民家を借りた辻内さんは、「業者にお願いするときれいになりすぎるので」と自身の親族を巻き込み、4カ月かけてリフォームしたという。普段は一般企業のサラリーマンである夫も土日返上で手伝い、親族間には「協力せざる負えない空気があった」と笑う。

 ギャラリースペースでは若手アーティストを支援しており、「敷居が低く入りやすいギャラリー」を目指した結果、コーヒーや雑貨も一緒に提供する場になったという。ギャラリーについて、辻内さんは「これから伸びる可能性のあるアーティストが、次につながるようなギャラリーにしたい」と話す。

 同ギャラリーでは現在、富田美樹子さん、松平彩子さんによる「いつき工房講師作品展」を開催している。辻内さんは「冨田さんは枚方市村野で陶芸教室を運営しながら、美術作家としても活躍している。富田さんの迫力のある作品や、冨田さんの弟子で、個人でも作家活動をしている松平さんのフォルムの美しさ、優しい色合いの作品を楽しんでほしい。特に冨田さんの作品は関西で見られる数少ない機会」と話す。期間中、同店とのコラボ作品「スープカップ」(3,300円)や「ケーキ皿」(2,280円)なども販売する。

 営業時間は11時30分~17時30分。月曜・祝日と第1・第3日曜定休。9月3日まで。

グローバルフォトニュース

最新ニュース

フォトフラッシュ

V・プレミアリーグ ファイナルが3月18日、東京体育館で行われ、枚方のパナソニックパンサーズ(以下、パンサーズ)は豊田合成トレフェルサ(以下、豊田合成)と対戦した。
[拡大写真] [関連記事]

アクセスランキング