天気予報

29

18

みん経トピックス

枚方でリオ五輪PV200人交野で野外自主保育の映画

枚方のメルクリン公認専門販売店が9周年 国内外のファン訪れる

  • 0
枚方のメルクリン公認専門販売店が9周年 国内外のファン訪れる

「メルクリンストア大阪HRS」店主の早川さん

写真を拡大 地図を拡大

 枚方の鉄道模型店「メルクリンストア大阪HRS」(枚方市招提中町2、TEL 072-800-7012)が開店して間もなく9周年を迎える。

早川さんが子どものころに買った車両

 「メルクリン」は1859年に創業したドイツの玩具・模型メーカーの名前で、同社が作る「鉄道模型」の総称。「親子3代で楽しめる」をコンセプトに、「頑丈な作り」「互換性を残して進化するシステム」「優れた走行性能」を重視した製品作りを続けている。

 操作の特徴は、デジタル制御方式により車両の走行速度や信号などを個別に設定できること。そのため、徐々にスピードを上げて発進、一定速度で走行後に駅で停車、別の車両が通過した後に再び発進させるなど自由度の高い自動運転が可能。本物の車両と同じエンジン音や走行音などもそれぞれ再現されている。

 同店は2007年9月にメルクリン専門店として開店。2015年4月にヨーロッパ圏以外で初となる「公認専門店」としてメルクリン社から正式に認定を受け、「メルクリンストア」のみで販売可能な「ストア限定モデル」や「ミュージアムモデル」も取り扱う。車両だけでも1000以上の在庫数を持つ同店は、国内外からメルクリンファンが訪れるという。

 店主の早川功一さんは、メルクリンの魅力について「見ていて楽しいこと。年齢は関係なく、同じ物を前にして一緒に楽しめる数少ないおもちゃだと思う」と話す。早川さんは小学生のころに百貨店でメルクリンに出会い、お小遣いをためて買って以来のメルクリンファンだという。ドイツ国内並みの価格設定や豊富な在庫数、商品スペースよりも広いレイアウトスペースなどについて、「この店は『ぼくが行きたかった店』を具体化したもの。『こんなに面白いものがある』ということを知ってもらいたいと思った」と話す。

 ファン歴3年、大阪府堺市から通っているという客に話を聞くと「早川さんは『先生』。何でも聞けるし、何でも教えてくれるので安心して楽しめる。大阪にこんな店があってうれしい」と笑顔を見せる。

 早川さんは「開店当初から『お客さん』ではなく、『メルクリンが好きな友人』を迎える気持ちで店を開けている。テーブルと椅子も用意しているので、心行くまで店内を見てもらえれば」と話す。

 営業時間は、水曜・木曜・金曜=13時~20時、土曜・日曜・祝日=11時~20時。月曜・火曜定休(祝日の場合は営業)。

グローバルフォトニュース

最新ニュース

フォトフラッシュ

V・プレミアリーグ ファイナルが3月18日、東京体育館で行われ、枚方のパナソニックパンサーズ(以下、パンサーズ)は豊田合成トレフェルサ(以下、豊田合成)と対戦した。
[拡大写真] [関連記事]

アクセスランキング