天気予報

21

11

みん経トピックス

ひらパーでリアル脱出ゲーム枚方の商店街で子ども食堂

枚方・老舗氷卸店の純氷かき氷に今年も行列 期間限定メニュー好評

  • 0
枚方・老舗氷卸店の純氷かき氷に今年も行列 期間限定メニュー好評

「いちご」プラス「ミルク」が人気

写真を拡大 地図を拡大

 「枚方凍氷(とうひょう)」(枚方市三矢町、TEL 072-841-2237)の「純氷かき氷」を求める客で、週末に行列ができている。

期間限定メニュー「Wベリー」

 1952(昭和27)年に開業の同店。毎年4月末から10月中旬ごろまで、「純氷」を使ったかき氷の販売を行っている。48時間かけてじっくりと凍らせた純氷は透明度が高く、不純物が少ないのが特徴だという。

削られた氷はふんわりと盛られ、訪れた客からは「癖のない味。すっと溶ける」「想像よりも大盛りだったので食べきれるかと思ったが、最後までおいしく食べられた」などという声が聞かれた。

 同店によると、14時から16時ごろまでが最もにぎわい、気温が高く晴れの週末など休みの日には行列ができるという。梅雨明けが発表された18日は、お昼過ぎから列ができ始め、30人ほどが並ぶ状態が16時過ぎごろまで続いていた。同店の奥田智子さんは「大勢並ばれているときは列を止めさせてもらうこともあるので、時間に余裕を持ってご来店いただければ」と話す。

 通常メニューに加えて、期間限定メニューも提供。7月22日からはブルーベリーとラズベリーが味わえる「Wベリー」を販売する。前回の「ラムネ」は1週間ほどで完売したと言い、限定メニューが好評の様子を見せている。

 そのほか、イチゴ、みぞれ、ブルーハワイ、レモンエード、マンゴー、モモ、青リンゴ、抹茶、コーラ、メロン、レモンを用意する。料金は全て350円。ミルク追加はプラス50円、ダブルミルクはプラス100円。

 かき氷の販売時間は10時~17時30分。7月23日と30日はテークアウトのみ。

グローバルフォトニュース

最新ニュース

フォトフラッシュ

V・プレミアリーグ ファイナルが3月18日、東京体育館で行われ、枚方のパナソニックパンサーズ(以下、パンサーズ)は豊田合成トレフェルサ(以下、豊田合成)と対戦した。
[拡大写真] [関連記事]

アクセスランキング